生涯住めるマンション選び


生涯住めるマンション選び | マンションを購入したい

賃貸ならば、気に入らなければ出ていける、という強みがあるものの、買ってしまえば、そうおいそれと移り変わることはできない。

それだけに、購入後の家族を含めたライフプランをつくり上げ、そこからあるべき姿のマンションをさぐっていく作業は、長期的に快適な生活を送るためにも不可欠となります。

 

大切なのは将来まで考えた物件選び

マンション選びで迷わないためには、現在のライフスタイルと将来の変化を考えて、希望条件の優先順位を決めることが大切。購入時期によるメリット・デメリットにも注意。

 

希望条件の優先順位を決める

マンションの購入を決意して、具体的な物件を選ぶときには、価格、立地、広さの3大条件の他に、間取りや設備、建物の耐久性などの性能、さらに新築か中古かといった幅広い選択肢があります。

ここで大切になるのが、自分や家族を含めたライフスタイルを検証すること。つまり、マンションでどのような住まい方をしたいのかをはっきりさせて、希望する条件の優先順位を決めることです。

限られた予算内で、すべての条件を満たす物件は、まずありえないと思ってください。広さをとるのか、近さをとるのか…というように、ある程度の優先順位を決めておけば、物件選びはスムーズになります。

 

10年後、20年後も視野に入れる

結婚するから、子どもが生まれるから、子どもが小学校に入るから・・・、マンションの購入動機は人それぞれ。しかし、現在のライフスタイルとともに、10年、20年後を視野に入れてマンションを選ぶことも非常に大切です。

例えば、新婚や子どものいない共働きの夫婦なら2つの選択肢が考えられます。一つは多少狭くても交通が便利で売却しすいマンションを選ぶ道。この場合は子どもが生まれて狭くなったら、広いマンションに住み替えることをあらかじめ計画に組み込んでおくことが大切です。

もう一つは、将来を見越して最初からゆとりあるスペースを確保してしまう道。この場合は、予算との兼ね合いでどこまで利便性を犠牲にせずに、ゆとりが確保できるかがカギになるでしょう。

子育て期のファミリーなら、永住を視野に入れて、できるだけ広い面積の物件を選択したいところ。同じ予算なら都心より郊外の大規模マンションのほうが広い物件があるし、世帯数も多いので友だちもできやすく、コミュニティー形成もしやすくなります。

 

多様化、個性化するマンション・・・ニーズの多様化を反映して、販売業者も多様な間取りを用意したり、個性的なデザインに力を入れている。その分、購入する側もはっきりとした選択基準が必要になるわけだ。

 

 


広告


 
山陰地方に位置する鳥取県で賃貸マンションを検討されませんか?鳥取県は人口が少なく、面積も都道府県の中で7番目に小さい県となっております。しかし、鳥取県には稀少な自然景観が残っていまして、素敵な生活ができることで有名です。高層の賃貸マンションに住まえば、美しい鳥取の自然景観を眺望できること間違いありません。さて、こちらでご紹介している賃貸マンションには、シングル向けやファミリー向けがございます。小さなお子様がいらっしゃる家庭でもセキュリティー設備が整った物件なら安心して住めるかと思いますので、是非一度ご利用されることをオススメします!鳥取県で充実したマンションライフを楽しみましょう。